文化事業部

2011年12月26日 (月)

似合いすぎる

Cimg1828
はんてん
竹ざる
座敷
古きよき日本の姿!
セーラさん似合いすぎる

| | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

注連縄づくり

100_6526
町中はクリスマス一色ですが
日本は昔から正月準備!

100_6535
注連縄づくりはてまひまかかります
藁をすくところから始まり
束ね→締め→整えと続きます

100_6593
家族みんなで仲良く作業します
お正月に小布施堂界隈にお越しの際には
注連縄にご注目を!

| | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

ウェディング

Sekiguchi_029


8月21日の土曜日、文化事業部・松木さんの
結婚式がとり行われました。

明るいチャペルの中での式は
親族、ご友人、私たち文化事業部も参加して
厳かに、リラックスした雰囲気の式でした。
幸せそうなお二人の姿が印象的な式となりました。

結婚を機に転居されるため
退職されることになりましたが
6年間ともに仕事をできた私たちも
寂しくもあり、うれしくもある一日でした。

また来年も、小布施見にマラソンには
戻ってきてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

達磨窯のつづき

20100316


修景事業の達磨窯用の上屋が
立ち上がりました。
もうじき屋根までかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

達磨窯

20100312b


修景事業の達磨窯プロジェクトが
動き始めています。
今日は現場を見に行きました。

窯の積み上げのまえに
建屋を施工する準備をしていました。
来週には立ち上がる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

文の字まんじゅう

20100111b


文化事業部の“文”の字(のような字)が
あしらわれたまんじゅうを発見
愛知県、松河屋さんの
文福ちょこ饅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

ひと足早く・・・

20091212b


昨日はセーラさんと文化事業部があつまって
ひと足早いクリスマスパーティーを兼ねた
カリーナさんの三男ニコライ君誕生のお祝いを
行いました。

久しぶりの傘風楼でのパーティです
日本人のスタッフよりも
カナダ人やアメリカ人の知人友人が
集った素敵なパーティーとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

富山~金沢~福井

1日目は富山~金沢~福井の実家へと移動しました。
約350km、結局5日間での移動距離は1910km。
これまで想像したことのない距離でしたが
旅行中は意外と平気、帰ってきた翌日の昨日の夜は
本当に疲れました。

_mg_0204 _mg_0228

金沢ではオムライスを食べ
杉本博司の作品を見て
ためしにこんな自画像を
写してみることにしました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉本博司「歴史の歴史」

_mg_0215

金沢21世紀美術館では杉本博史の「歴史の歴史」が開催中です。
SANAA[妹島和世+西澤立衛]設計の美術館。

杉本博司の作品である「ジオラマ」「海景」などシリーズが
「歴史の歴史」として再編集されて展示されている。
なんとも言えない気分を喚起される。


写真はジェームズ・タレルの部屋
この部屋もなんど来てもハッとする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し長いお休み

Ishikawa

少し長いお休みをいただきました。
といっても5日、そんなに長くはありません。
今回は、写真美術館を中心にドライブすることにしました。

文化事業部では比較的、仕事が落ち着いているこの時期
自分たちを刺激することも含めてお休みを頂くことがあります。
今回も、イタリアに行った人、瀬戸内海の方に行った人
などなどそれぞれが、それぞれの時間を過ごしました。

最初に訪れたのは富山県高岡市にあるミュゼふくおかカメラ館
安藤忠雄設計のこの美術館では
石川直樹のTRAVELOGUE 2000-2009が開催中です。

北極から南極へと人力で移動する「Pole to Pole プロジェクト」への参加や
ニュージーランド・マオリ族の聖地である原生林を撮った「The Void」など
大きく引き伸ばされ、透明なアクリル板に貼り付けられた写真は
乳白がかっているようで、ほとんど透明な微妙な光をともなって
存在している写真は一見の価値ありでしょう。

石川直樹は自分と同じ年。
同じ人間なのに、1人がここまでできるのか
と思うと少しショックをうけました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧