« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月27日 (木)

日没とき

20100527b2


この時間帯
気をつけて
ものごとを
見つめると
とてもきれいな時間
であることに気付きます。

とくにカメラを通すと
よくわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕暮れの達磨窯

20100527b


達磨窯も全容を見せています。
とある夕暮れ時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

日干し煉瓦

20100517b


達磨窯に使われている日干し煉瓦
土の塊には圧倒的な存在感があります。
ぺらぺら、すべすべのプラスチックでは
到底得られないものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜と柿

20100518b3


春の桜の木と
秋の柿の木
隣り合って植えられている
住まう人の季節の楽しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

完成間近です。

20100517b2


日付が前後してしまいましたが
完成間近の達磨窯


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

軽トラック山盛り

20100515b_1


今日の収穫は、軽トラック山盛り2杯分です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

5月15日

20100515b_2


15日と30日は市ゴミゼロの日
今日は、国道403号線を
新入社員と外国人ヘルパーを交えて
道路脇の草取り、土さらいを
行いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

朝露

20100514b_1


朝早く、農場に行くと
朝日に輝く草木の足下に
朝露がまだ輝いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こいのぼり

20100514b_2_2


セーラ農場のこいのぼり
8ヶ月になったウィリアムのために
建てられました。

集落の下から見上げると
風にたなびくこいのぼりの家族が
よ〜く目立ちます。

ウィリアムもきっと
見た目と国籍はアメリカ人でも
中身は日本人の様に育つんでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

風にそよぐライ麦

20100513_1


風にそよぐ様がなにか気持ちいいライ麦
背の高さがいいかもしれない。

稲よりも風にゆすられる姿が
似合う気がするのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちぢくの実

20100513_2


まだまだ薄緑色のいちぢくの葉っぱの根元に
小さないちぢくの実がついていました。
これから秋にかけてゆっくりと
おおきくなっていくんだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

ライ麦

20100511b2


ここは確か、ライ麦畑だったはず。
すでに背丈は子供より高くなっていました。
ちょうど一月前にはほとんど何も
生えていない畑もあっという間に

植物や土の力には驚かされます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

セーラ農場のりんご

20100511b


5月の連休頃にはりんごの花が満開になりました。
白い花と緑の新芽が混ざり合って
桜とはまた違った味わいがあります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

今月のウィリアム

20100508b_2


今月でウィリアム君は8ヶ月。
でも服のサイズは18ヶ月用を着ているとのこと
大きくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小布施ッション106

20100508b


唐木さちさんをお迎えして、
106回目の小布施ッションを開催しました。
講演の前には小布施堂本店にて
お花を飾り付けてくださり、
特別ゲストとしてご縁をもたれた
片岡鶴太郎さんにもお越し下さいました。

これまでにも、何度となく
小布施でお花を見せて頂いたご縁もあり
す〜っと納得できる気持ちの良い
お花とのかかわりをお話し頂きました。

花や緑の呼ぶ声で自然と目が覚める。
そんな生活を送りたいものです。

片岡鶴太郎さんのブログにも
一言お書き頂いていました。
ありがとうございます。
http://kataoka-tsurutaro.com/blog/2010/05/post-15.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

ショクニン

20100504b2


まだまだ職人半人前なのでショクニン
大学時代から一緒だった彼らは
自分たちの手で瓦を焼く達磨窯を
築きあげようとしています。

もう30過ぎのいい大人です。
お互いに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もも

20100504b


見るよりも食べるほうに
思いがいってしまう桃ですが
梅と桜を足して割ったような
かわいらしい花を咲かせます。

昨日の写真の場所は
小布施見にマラソンの3km手前。
天候がよければ、たわわに実った桃の
甘い香りが漂うかもしれません。

今は、花を楽しんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

桃の花

20100503_1b


画面中央遠くに見えている小さな青い屋根が
達磨窯の工事現場。
背後に雁田山を従えてこのあたりには
水田や桃のなどの果樹園場広がっています。
桃の花が満開です。リンゴの花はまだまだこれから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

達磨窯の進み具合

20100503b


達磨窯の進捗具合が気になるので
週に1回ぐらい現場を訪れるようにしています。
この日は、日干し煉瓦を積み上げて
焚火にあてて、乾燥させていました。

ほかの場所に移動させるための
一時的な乾燥のための焚火であって
全部の日干し煉瓦に火入れするわけではない。

パソコンの画面の中よりも
知らないことが多い土遊びの現場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »