« bonnekura | トップページ | えびす講の花火 »

2009年11月17日 (火)

金次郎と空

Kinjiro




Akisora


秋は紅葉もきれいですが、空の雲も多様な形を見せてくれます。
昨日の空は秋の終わりを感じさせる、柔らかい光と
うっすらと軽やかな雲が印象的でした。


善光寺への坂道を歩いていると不思議な違和感を感じました。
あの二宮金次郎が座っているように見えました。
小学校などで、薪を背負って働きながら勉強しているあの石像です。
座っているのは、勤勉とは何か不釣合いです。
実際にはその石像は、かわいそうに足の折れた二宮金次郎でした。

些細なことでも、見慣れているものがあるんだなと
あらためて感じました。

|

« bonnekura | トップページ | えびす講の花火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86110/32245615

この記事へのトラックバック一覧です: 金次郎と空:

« bonnekura | トップページ | えびす講の花火 »