« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月24日 (金)

千曲川

_mg_3905

夕日が当たって輝く千曲川


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

菜の花

_mg_3787

千曲川の土手にはたくさんの菜の花が咲き乱れます。
小布施橋の周辺でも
有名な飯山の菜の花公園でも
あたりを真黄色に染める菜の花は
やさしい花です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネクタリン

_mg_3885

先週から千曲川沿いの土手は果物の花が満開です。
このピンクの花はネクタリンだったか、プラムだったか
記憶は定かでなくなってきていますが

小布施見にマラソンの頃に
おいしい実をつけてランナーをおもてなしする
果物の花々が満開です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

木々が芽吹きました。

_mg_3811

先週の桜の時期には、結局写真を撮りに行けず
今週になってしまいました。
枯れていた木々の枝先からは
薄緑色の芽が出はじめました。

芽が出た木々を見ながら春が来たなと思っていると
あっという間に木々を多い、すぐに濃い緑色に
変わりそうな勢いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

北斎館脇の桜

_mg_3695

笹庭に立って辺りを眺めると
北斎館脇に立つ桜のピンク色が
パッと目に飛び込んできます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

桶と菌

先々月、小豆島に行って参りました。
醤(ひしお)の里と呼ばれるだけあって、醤油蔵がたくさん。
その中の一軒、ヤマロク醤油さんの蔵を見学させていただきました。

蔵に入ると大きな桶が並んでいました。
この一つ一つでもろみを醗酵させています。
Dsc00716

桶の表面には醤油造りにかかせない菌がびっしり。
Dsc00718
もっとも古い桶は150年くらい前から使っているそうです。
じっくり時間をかけて馴染んだマイホームだからこそ、菌の力が発揮され
おいしい醤油ができるのですね。

Dsc00727
菌の棲家は桶だけにとどまりません。
蔵の土壁も、天井の梁も、蔵全体が菌の家となっているのでした。
ですから、蔵によって醤油の味が違いますし、同じ蔵の桶によっても味が違うのだそうです。

生き物が生み出す生きた味わいと文化。
小さなものの声は耳をよく澄ませないと聞こえないけれど、そこでゆっくりと育まれるものこそが、
この先もずっと私たちの生(生活や生命)を支えてくれるのではないかなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »