« 現代建築 | トップページ | 大山 »

2009年3月30日 (月)

福島堤

_mg_1319_2

植田正治写真美術館は大山が
最もキレイに見える場所に立てられているそうです。
美術館の大山と反対側には福島堤と呼ばれる
人工の貯水池があります。

雲と光の瞬間を見ると世界にはまだまだ
はっとする瞬間があることを感じます。

この貯水池も植田正治が好んで大山を撮影した
場所だそうです。写真家の作品を飾る美術館を
写真家が最も好んだ場所にたてる。
ストーリーとしてはステキなものがあります。

逆にそれで失われてしまう景色があることを
思うと、何とも言えないものがありますが
現代建築の評価は20年、30年と経たないと
はっきりしないものがありますし、
この日も、美術館ではコンクリートのスラブや
タイルなど様々な修復工事が行われていました。


|

« 現代建築 | トップページ | 大山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86110/28870228

この記事へのトラックバック一覧です: 福島堤:

« 現代建築 | トップページ | 大山 »