« Elizabeth | トップページ | お祭りの撮影 »

2009年1月23日 (金)

ナガオカケンメイの考え

先日の小布施ッションに来ていただいたナガオカケンメイさん
毎回毎回・・・本当は来る前に本を読もうと思っているのですが
今回も終わった後になってしまいました。

小布施ッションでのお話の中でも
出版に関するナガオカケンメイさんの姿勢が
プレゼンされていました。

出版することによるいろいろなメリットを自覚して
意図的、戦略的にやっていることを感じました。
それはこんな感じのことでした。
・自分の考えをまとめることが出来る
・考えをまとめたものを誰とでも共有できる(社員、クライアントに係わらず)
・キチッとした体裁に仕上がるので信用度アップ

この本はナガオカケンメイさんの日記にかかれたものを再掲。
日々感じたことを、そのままに読むことが出来る貴重なもの。
呼んでいると・・・あ~っと、自分たちもそんなことを考えているなぁ・・・
と共感できる内容が多いのも事実。
でも、私たちはその思いとどれだけ向き合い
真摯に対しているかと考えてみると恥ずかしい思いがします。

読み終えると、がんばろうと思える
そんな前向きな希望のある本でした。



ナガオカケンメイの考え


|

« Elizabeth | トップページ | お祭りの撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86110/27392136

この記事へのトラックバック一覧です: ナガオカケンメイの考え:

« Elizabeth | トップページ | お祭りの撮影 »