« 雪の日の木 | トップページ | 小布施の子 »

2009年1月17日 (土)

直会のカレーライス


_mg_7674_2

安市の15日には、毎年蔵人にも振るまいがあります。
お昼はカレーをみなで食べ、夕方には直会と称して
軽くおいしいものを頂きます。

ずっと続いてきた習慣なのでしょう。
「直会」とは神事の後に神事に参加した一同で
神饌を食する行事のことを言うそうだ。

今年も皇大神社の中を歩いていると
火渡りの行をする場所で、火の番をしている街の人に
安市の由来を少し聞くことができた。

火渡りの修験者は、もともとは
御嶽の山岳信仰から来ている行者たちで
その弟子たちが山ノ内とか、このあたりに住んでいたらしい。
いまはその人々も年をとり、いなくなり、他所から
来ているとのこと。
昔は刀渡りの行もしていたそうで。

安市で振る舞うということには
そんな行をともにするような意味があるのかもしれない。
毎年のカレーを見ながら考えた。
長かろう物語のつづき。

|

« 雪の日の木 | トップページ | 小布施の子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86110/27225010

この記事へのトラックバック一覧です: 直会のカレーライス:

« 雪の日の木 | トップページ | 小布施の子 »