« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月29日 (火)

祭り

昨日、小布施町にてお祭りがありました。

Dscf0500

私の住んでいる所ではこの頃あまりお祭り
がなく、お神輿や出店がでる姿は見かけな
くなりました。なので、小布施町でおこなわれ
たお祭りは大きく感じ、活気に満ち溢れている
様に感じました。
ところで、そもそも「お祭り」はどの様な
意味があるのかと思いちょっと調べてみました。
「祭り」の語源は「まつらふ」という古語の
名詞形とみられ、神のそばにいて、奉仕する
という意味といわれるそうです。

神を迎え、そのお告げを聴き、歓待して送り出す行事である日本
はもともと農家の人々が多く、田畑の収穫を
祝ったそうです。

Dscf0501

Dscf0498
Dscf0499

私の家の近くも子供のころは畑や田んぼが多く
田畑の収穫を祈りお祭りを行っていました。
近年、田畑が少なくなり祭りや神事が少なくなっ
てしまったのかも知れないと思いました。
昔ながらの文化が消えていっているんだなと感じ
ました。もう少し大事にしてく気持ちを持ちたいな
と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

溪聲

昨年の4月4日の小布施ッションの講師としてお越しいただいた川村龍洲先生から

素敵な贈り物が届きました。

P1000583 

涼しげな『溪聲』(けいせい)の文字。

意味は「谷を流れる水の音」だそうです。

水の流れそのもののような美しい文字を見ていると

煽がなくとも暑さがすっと抜けていくような気分になります。

小布施は今、短い夏の真っ盛りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

花火

7月7日は何の日でしょうか?そうです。七夕です。

「笹の葉さらさら軒端(のきば)に揺れる
お星さまきらきら金銀砂子(すなご )」

の七夕です。ちなみに長野の七夕は一説だと8月8日
という噂もあります。

そんな中、会社内で花火を上げました。
手筒花火で私が想像していた花火は空に舞う大きな
花火を最初は描いていたのですが、写真のような
花火でした。これが、凄い迫力でビックリしました。
また、見れる日が楽しみです。

Img_4094

Img_4094_2

Img_4111

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »