« 雪の降った | トップページ | 職人二代 »

2008年1月22日 (火)

小布施ッション78 紫舟

1月11日のゲストスピーカーは書家である紫舟さん。
プロフィールの写真から想像していたようで
ぜんぜん想像できていなかった、人物像は
見事に裏切られました。

すらっと背の高い、笑顔のステキな女性の書家。
OL経験もあり、自分たちにまだそれでも、近さを感じました。

お話の内容は過去に手がけた作品としての「書」
広告などの媒体としての「書」
などを見せていただきながら一つ一つの文字
または、形象を表現した際の思いなどを
お伝えいただきました。

Ku5q5942



そんな話を聞いた後ですからワークショップ形式の
書の時間にも皆さん、熱が入っていたようです。
いままで、学校の授業で習う書の書き方しか
知らなかった私たちの視野の狭さを思い知るとともに
自由に書くことのたのしみ、そこで偶然生まれる
形象を見る楽しみを味わいました。

パーティーの書初め。
一番最後には紫舟さんが登場。
自分自身が病院で感じたエピソードを
交えながら「授」という文字をいただきました。

フォトアルバム

Ku5q6055



 

|

« 雪の降った | トップページ | 職人二代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86110/10269131

この記事へのトラックバック一覧です: 小布施ッション78 紫舟:

« 雪の降った | トップページ | 職人二代 »