« 「びっくり」 | トップページ | 中西元男 小布施ッション#73 »

2007年9月 9日 (日)

一風変わった栗

今日は9月9日、重陽の節句です。重陽というのは一番大きな
九の数字が重なるめでたい節句の一つとして祝われていたそうです。
そのさい栗などが食されていたとのこと。

それにちなんでか・・・
小布施の寄り付き料理蔵部では、かまど飯に変わって
栗御飯を召し上がっていただいています。
しかも今日は日曜日ですから、それならもっと早くお知らせをすれば
よかったかも。などと思っています。

さて、昨日の夕方、栗畑に行くと大きな青いイガイガがたわわと実っています。
一本の枝にそんなに!と驚くような大きさのものから
愛嬌のあるかわいらしい栗、ちょっとやせた弱そうな栗とさまざまです。

時々こんな青い栗のイガが割れていることがあります。
こんなのは食べられはしないのでしょうが
いつもの見慣れたものが、当然見慣れないとハッとするものです。

Ku5q2212

|

« 「びっくり」 | トップページ | 中西元男 小布施ッション#73 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86110/7871065

この記事へのトラックバック一覧です: 一風変わった栗:

« 「びっくり」 | トップページ | 中西元男 小布施ッション#73 »