« State College 002 | トップページ | 「市場体験」 »

2007年8月 3日 (金)

雁田山へ初登頂

小布施町の背景をなす雁田山。
小布施堂の社員の中から雁田山に登ってみる企画があり、
この機会を逃してはと、初めて登ってみました。

登山道は岩松院裏から。
始めからかなり急な岩の足場、急な階段状の足元、
縄につかまって登る箇所多数の意外にたいへんな山。
ハイキングのレベルではありません。

途中、雁田城の古い石積みに小布施の古い歴史を感じたり、
猪のものと思われる足跡を発見したり。

山頂は780m、休憩しながらおよそ1時間半。
山頂から縦走し小布施の町が見渡せるあずまやでお弁当を食べ、
長い時間町を見下ろしました。
小布施堂界隈のある町の中心の密集、
延徳田んぼの広がり、
川沿いの栗畑、そしてゆらゆら流れる千曲川、北信五岳。

やっぱり会社を探したくなる。 目印はメタセコイアか桝一煙突。

Img_3005_2


リュックを背負って緑の中を歩く楽しさにハマりました。

Img_3019_4


|

« State College 002 | トップページ | 「市場体験」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86110/7393542

この記事へのトラックバック一覧です: 雁田山へ初登頂:

« State College 002 | トップページ | 「市場体験」 »