« 「かなり憧れの。」 | トップページ | 甲府 »

2007年5月18日 (金)

「ご縁」

玄照寺さんに五円玉手芸の「亀」を教わりにお寺へお邪魔しました。
小布施での元祖といわれる保坂さんと玄照寺のおばあちゃんが先生です。
五円玉にカラフルな手芸紐を通して亀にしてゆくのは、慣れるとなかなかハマる作業。
(綺麗に亀らしく仕上げるのは少しコツがいるけれども。)

Img_2074



保坂さんは畑仕事が終わっての夜、「亀にとっつかれちゃって」作ってたんだそう。
「どのくれい人にくれたやら。」作ってはみんなにあげて、ここらの家にはみんなある。
教えてください、と押しかけたもんだから、今の若い人にも亀がウケてることを喜んでくれました。

お茶と一緒にいただいたショウガの入ったキュウリの甘酢漬けが絶妙な味。
しっかりレシピをいただきました。
20数年前、お二人が長野電鉄を降りて暗い道を中野まで亀の作り方を教わりに行った夜のこと。「ずいぶんな坂道をあがったな。」
こんな風に突然に人と人の時間は交差してゆっくり流れる。

Img_2067



(bunji matsuki)

|

« 「かなり憧れの。」 | トップページ | 甲府 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86110/6466094

この記事へのトラックバック一覧です: 「ご縁」:

« 「かなり憧れの。」 | トップページ | 甲府 »