« 発酵パーティー | トップページ | 詩人の心 »

2007年3月 5日 (月)

小布施ッション#68 小泉武夫

3月3日、おひなさまの小布施ッションは
発酵仮面・小泉武夫先生をお迎えしました。

異様な熱気に包まれた栗菓子工場傘風舎3Fの
会場には、なんと
120名のお客さんが集まりました。
講演開始前から“抱腹絶倒”との
言葉通り、約2時間世界中の
おかしくもおいしそうな食べ物のお話でした。

まず、はじまったのは
世界一くさい食べ物の話。
それは“シュールストロミング”という北欧の缶詰
食べる際の注意事項が4つ。
・冷凍して缶内の気圧をさげる
・室内では食べない
・いらないものを身に着ける
おまけに
・風下に人のいないことを確認する
など北欧バイキングのジョークまで!
続きは小泉先生の著書をご覧ください。

そして、意外と言っては失礼ですが
学生時代には冒険家・植村直己への憧れ。
そこが、世界中の職を冒険する
熱い思いの芽生えだったそうです。

最後は日本のくさいもの、発酵食品について
岐阜のフナ寿司、くさや、さば寿司など
あるなかで、小泉先生の
NO.1はやはり“納豆”とのことでした。



小泉先生ありがとうございました。
パーティー秘話はこのあと。

  generated by feedpath

|

« 発酵パーティー | トップページ | 詩人の心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86110/5576336

この記事へのトラックバック一覧です: 小布施ッション#68 小泉武夫:

« 発酵パーティー | トップページ | 詩人の心 »