« 人生 | トップページ | 冬は北アルプスまで »

2007年2月 3日 (土)

小布施ッション#67 森まゆみ

67回目の小布施ッション、ゲストスピーカーに
森まゆみさんをお迎えしました。

谷中・根津・千駄木という東京の下町で
地域雑誌をつくられています。




森まゆみさんのフォトアルバム

お話を聞いていると、自分たちの再発見した
地域の魅力や、その思いを町の人たちと
どうやって共有し、心の中に残る風景と
人付き合いをどうやって子供たちに伝えようと
地道にがんばっている印象を受けました。

町の人たちみんなが、愛着を持ちながら
戦災、東京オリンピック、経済成長
そしてバブルの崩壊と世の中が移り変わっていく中で
町も人も時の流れ流されるだけではなく
強い気持ちを持って生きていくことを
感じました。

・家々の前に緑の鉢植えがあふれることを「あふれ出し現象」とよんだり
・東京芸術大学の古~い奏楽堂では、最新のホールとは違って、
低音の静かな場所で、上野のカラスが鳴いたり、救急車の音が聞こえて
なんともいえない気持ちになること
・不忍池の地下駐車場計画の撤回の顛末
・東京に23ヶ所ある富士見坂のなかで、地面に立って富士山が見えるのは
谷中の富士見坂だけになったことなどなど

地域に密着した活動の大切さと
その内容の豊かさをあらためて感じました。







この日は2月のバレンタインデー間近ということで
栗とハートのディスプレイを学生さんにつくってもらいました。
ありがとう。

文化事業部・南

feedpath tags: ,   generated by feedpath

|

« 人生 | トップページ | 冬は北アルプスまで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86110/5191507

この記事へのトラックバック一覧です: 小布施ッション#67 森まゆみ:

« 人生 | トップページ | 冬は北アルプスまで »