« 小布施ッションのご縁―大林監督、再び。 | トップページ | 世界遺産 下鴨神社 »

2006年10月22日 (日)

彦根城400年

20061022hikone1彦根・京都を訪れた。まず最初はセーラさんの講演のある彦根に出発。
今文化事業部で使っている車も、もう10万kmを超えたベテラン。
出発前にインターネットで、おおまかな経路と時間を調べると
名古屋方面をまわって、小牧ジャンクションから彦根ICをまわって約4時間と出てきた。
実際にナビが案内したのは、北陸道経由の経路。これだと1時間以上余計にかかってしまうはずなのに、10年もたつと道路も結構変わるのだろう。何とも心許ない。
ナビを使っていると、自分がどこを走っているのか全然分からなくなる。
そんなことばかりだと、地図も読めなくなるし、身の回りのディティールばかりを見るようにならないだろうかと余計な心配もしてしまう。

彦根まで約4時間。出発がギリギリだったので、内心心配しながら車を飛ばして、なんとか30分前に到着。

講演場所はの古い商店街の中にあった。
大人の学校・夜学という名の集まりで、観客はだいたい50名ほど。
大人の学校・夜学HP
ここの人たちはそれでもとても熱心な方々だった。
400年記念なので、ぜひ彦根城で写真を!
と言ったらその場ですぐさまバスを手配。本当に彦根城をバックに記念写真を撮ってしまった。ありがとうございます。

この彦根城は国宝にも指定されており、玄宮園という庭園が有名。
その玄宮園は、時代劇・暴れん坊将軍の舞台にも使われたということ。
魚躍沼と呼ばれる池のほとりに臨池閣という建物がたたずむ。
こんなところに一度泊まってみたいものです。

20061022hikone3

場内を自転車で登校する中学生、高校生が印象的でした。

その後は、豊郷町の酒蔵・岡本本家を訪れました。
とても若い杜氏さんがおられ、酒蔵の2階部分をイベントに使用されるなど
まちづくりにも積極的に動かれているようでした。
通りには近江商人が連ねた土蔵作りの建物が並び、これからが楽しみな場所でした。

20061022hikone4

20061022hikone6

|

« 小布施ッションのご縁―大林監督、再び。 | トップページ | 世界遺産 下鴨神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86110/3920958

この記事へのトラックバック一覧です: 彦根城400年:

« 小布施ッションのご縁―大林監督、再び。 | トップページ | 世界遺産 下鴨神社 »